過払い金をを返還してもらう

過払い金をを返還してもらう

当たり前のことをいいますが、お金借りた場合は、期限を過ぎたら利息を支払うことになります。

 

キャッシングの場合は基本的に、木津氏に一括返済ですので、元金に金利分を含めて返済しなければならなくなります。

 

このキャッシングの利息の金利は法律で上限が定められていますから、登録をうけた普通の金融業者ならば、それ以内になっているのが当然です。

 

しかし、法定利率を超えた利息を取られていることもあり、知らないうちに、法律でさらめられている以上の支払いをしている事があり、これを過払いといいます。

 

返済しているのに、いつまでも返済が終わらないという場合がありますが、これはその返済が利息分の優先返済になっていて、利息だけ加絵氏続けている、いわば、利息という料金で元金をレンタルしつづけ続けていることになります。

 

下手をすると、この利息にも足りていない場合、逆に元金に足りない利息分が乗せられ、元金自体が膨らんでしまうケースもあります。

 

もうこうなると、絶対に返済し終えることはできず、未来永劫支払い綴る事になりすま。

 

たいていこの場合は、法廷利率を上回る金利がつけられているはずです。
グレーゾーンと言われる、貸出金利になっている場合も元金がなかなか減らない状況を作っています。

 

知らないで払っている場合は、過払いしたことを認めさせ、返還させる事ができますので、しっかり確認しましょう。

 

実は、法定金利以上の設定は基本的できないのが普通なのですが、出資法などの関係で、法定金利を超える利息を設定することが可能です。

 

これがキャッシングの「グレー金利」と呼ばれるもので、多くの消費者金融がこのグレー金利を適用しています。(現在は出資法の金利も下げられて、グレーゾーンといわれる金利は無くなりました)

 

利息制限の他に出資法という法律があり、この法律では上限利率を年29.2%になってしまいます。

 

これは借り入れ金額によって異なるので、具体的に100万円を借りた場合についていうと、利息制限法では15%が上限金利ですが、出資法の上限利率は29.2%なのです。

 

貸金業者は、この出資法の利息を適用しているわけですが、出資法の利息を適用するには、細かい規定があるので、グレーゾーン金利の正当性をみなし弁済規定により主張するには、貸し金業者のほうで主張・立証する必要がありますので、実際にはこの金利が正当かされることは少ないはずです。

 

ただし、この金利で利息を返済していることを知りながら債務者が自らそれでいいと認めて支払っていることになると、「みなし弁済」という法律上の根拠から、返還はしてもらえなくなります。

 

つまり、自ら望んで支払ったのだから、後で返してくれとは言わせないよ。という、債務が実際にあるないにかかわらず、支払ったほうが負けとという規定です。

 

債務者が単独で、過払いを主張しても、貸金業者は取り合わないので、グレーゾーン金利を利息制限法で引き直し計算をして請求するには、司法書士や弁護士の助けを借りるのがいいでしょう。(現在は裁判所の判決で、このみなし弁済が認められなくなり、貸金業者の方が確実に負けるようになっています。)

 

裁判上の手続きを経る場合もありますが、たいてい裁判までいがずに返還されるはずです。

 

一部行政書士も過払いに対する業務をしている場合もありますが、個人的には、裁判上の手続きもできる司法書士か弁護士の方がいいと思います。

過払い金をを返還してもらう関連ページ

無利息キャッシングの意義
無利息キャッシングについて解説や、利用の際の注意点、賢くキャッシング、有利に利用する方法など、消費者の立場にたった利用方法についてまとめています。上手に利用すれば、便利に、安全に利用することができます。
無利息キャッシングを利用してもいい人はこんな人
無利息キャッシングについて解説や、利用の際の注意点、賢くキャッシング、有利に利用する方法など、消費者の立場にたった利用方法についてまとめています。上手に利用すれば、便利に、安全に利用することができます。
複数の借入は一本化するのが正しい選択
無利息キャッシングについて解説や、利用の際の注意点、賢くキャッシング、有利に利用する方法など、消費者の立場にたった利用方法についてまとめています。上手に利用すれば、便利に、安全に利用することができます。
キャッシングの審査はどのように行われる?
無利息キャッシングについて解説や、利用の際の注意点、賢くキャッシング、有利に利用する方法など、消費者の立場にたった利用方法についてまとめています。上手に利用すれば、便利に、安全に利用することができます。