キャッシングの審査はどのように行われる?

キャッシングも、これからカードを作るという事になれば、当然ながらローンと同じような審査はあります。

 

無利息キャッシングは、特に新規の場合のみということが多いので、当然、審査に通らないと、基本的にその会社では、それ以降も借りられないということになります。

 

では、キャッシング=お金を借りの時の審査というものはどのようなものなのでしょうか?

 

どのような会社でも基本的にはキャッシングを利用するためには、申込みをし、その申し込みに基づいてキャッシングの審査をします。

 

キャッシングの審査はどのような事をするのかというと、第一にはキャッシングの審査は、申込者の証明書や顔や住所などの個人情報を照合し、実際に存在している人物かどうか確認します。

続きを読む≫ 2017/12/19 13:47:19

使い方次第では、とても有利に借りられる無利息キャッシング。

 

ただし利用する際には、十分理解しておく必要があります。

 

日常的にキャッシングサービスを利用している人、現在借入が残っている人は、無利息だからといって、新規のキャッシング業者に申し込んで、

 

それを利用して返済に充てるなんて使い方はご法度です。

 

もちろん、より金のが低いと〜借り換えるという意味で背使うのならば別の話ですけれど。

 

無利息で借りても、それを過ぎればまた金利が発生します。

 

結局借り入れが増えるたけですし、すでに借り入れをしている人は無利息期間を過ぎてしまうことが殆どだと思います。

続きを読む≫ 2017/12/19 13:46:19

当たり前のことをいいますが、お金借りた場合は、期限を過ぎたら利息を支払うことになります。

 

キャッシングの場合は基本的に、木津氏に一括返済ですので、元金に金利分を含めて返済しなければならなくなります。

 

このキャッシングの利息の金利は法律で上限が定められていますから、登録をうけた普通の金融業者ならば、それ以内になっているのが当然です。

 

しかし、法定利率を超えた利息を取られていることもあり、知らないうちに、法律でさらめられている以上の支払いをしている事があり、これを過払いといいます。

 

返済しているのに、いつまでも返済が終わらないという場合がありますが、これはその返済が利息分の優先返済になっていて、利息だけ加絵氏続けている、いわば、利息という料金で元金をレンタルしつづけ続けていることになります。

 

下手をすると、この利息にも足りていない場合、逆に元金に足りない利息分が乗せられ、元金自体が膨らんでしまうケースもあります。

 

もうこうなると、絶対に返済し終えることはできず、未来永劫支払い綴る事になりすま。

 

たいていこの場合は、法廷利率を上回る金利がつけられているはずです。
グレーゾーンと言われる、貸出金利になっている場合も元金がなかなか減らない状況を作っています。

 

知らないで払っている場合は、過払いしたことを認めさせ、返還させる事ができますので、しっかり確認しましょう。

 

実は、法定金利以上の設定は基本的できないのが普通なのですが、出資法などの関係で、法定金利を超える利息を設定することが可能です。

 

これがキャッシングの「グレー金利」と呼ばれるもので、多くの消費者金融がこのグレー金利を適用しています。(現在は出資法の金利も下げられて、グレーゾーンといわれる金利は無くなりました)

 

利息制限の他に出資法という法律があり、この法律では上限利率を年29.2%になってしまいます。

 

これは借り入れ金額によって異なるので、具体的に100万円を借りた場合についていうと、利息制限法では15%が上限金利ですが、出資法の上限利率は29.2%なのです。

 

貸金業者は、この出資法の利息を適用しているわけですが、出資法の利息を適用するには、細かい規定があるので、グレーゾーン金利の正当性をみなし弁済規定により主張するには、貸し金業者のほうで主張・立証する必要がありますので、実際にはこの金利が正当かされることは少ないはずです。

 

ただし、この金利で利息を返済していることを知りながら債務者が自らそれでいいと認めて支払っていることになると、「みなし弁済」という法律上の根拠から、返還はしてもらえなくなります。

 

つまり、自ら望んで支払ったのだから、後で返してくれとは言わせないよ。という、債務が実際にあるないにかかわらず、支払ったほうが負けとという規定です。

 

債務者が単独で、過払いを主張しても、貸金業者は取り合わないので、グレーゾーン金利を利息制限法で引き直し計算をして請求するには、司法書士や弁護士の助けを借りるのがいいでしょう。(現在は裁判所の判決で、このみなし弁済が認められなくなり、貸金業者の方が確実に負けるようになっています。)

 

裁判上の手続きを経る場合もありますが、たいてい裁判までいがずに返還されるはずです。

 

一部行政書士も過払いに対する業務をしている場合もありますが、個人的には、裁判上の手続きもできる司法書士か弁護士の方がいいと思います。

続きを読む≫ 2008/06/14 07:52:14

気づいたら、あっちもこっちも借りてしまい、結局複数の金融機関に返済を余儀なくされている人もいます。

 

こういった状態を長く続けていることはとても危険ですから、自分自身の返済額を把握するためにも、キャッシング会社を1本にして、返済を1つにまとるましょう。

 

このような状態にあれば、まず行き着く先は、多重債務者となり、自己破産に陥ることにます。

 

複数の金融機関からキャッシングをしていれば、それぞれに利息がつくことになり、1本にまとめたときよりも、多い利息を払っていることが殆どです。

 

金額が大きいほど、利率は低くなるので、その意味からも、一つにまとめたほうが返済は少なくなるのが普通ですからね。

続きを読む≫ 2008/05/03 16:38:03

無利息のキャッシングサービスがなぜあるのか・・・

 

それを不思議に思ったことの無い人は、ちょっと考えなおしたほうがいいでしょう。

 

無利息でお金を貸せば当然赤字ですから、それは、経費、宣伝効果を狙っている、ブランド名を宣伝するためなどいろいろな理由があります。

 

一番の理由は、新規の顧客を獲得する事なのは当然です。

 

最初だけ無利息で貸し付けてあとは、たっぷり稼がせてねというのが本音であるわけです。

 

それを承知で、うまく利用して、少しだけ、サービス料と考えて利息を払う、そんな使い方が賢い使い方というものです。

続きを読む≫ 2007/07/25 14:05:25